TOPICS

【2019年10月21日】

最後の「第33回綾・照葉樹林マラソン」警備を行いました

今年で最後となった第33回綾・照葉樹林マラソンが10月20日(日)、綾町自然休暇村公園をメイン会場に行われました。

宮崎県内の市民マラソンの先駆けとして親しまれた大会には、ハーフマラソンなど3部門に約5800人が出場。

家族や仲間と大会に別れを惜しみつつゴールを目指す市民ランナーがラストランを楽しみました。

開幕時には、台風19号での被害者に黙禱を奉げ、自然との共存を再認識する機会にもなりました。

ユネスコのエコパークに認定されている綾だからこそ、自然の恵みと驚異が表裏一体だということを実感させられます。

セキュリティロードの警備は、災害復旧時にも24時間体制で対応させていただきながら、一日も早い復興を支援します。