TOPICS

【2019年11月18日】

「第33回田の神さあの里産業文化祭」の警備を行いました

 冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらす「田の神さあ」。

実り豊かな地域の文化財である「田の神さあ」をシンボルとするえびの市で行われる「田の神さあの里産業文化祭」が、

11月16日(土)・17日(日)の2日間、えびの市文化の杜(えびの市文化センター)を会場にして行われました。

この産業文化祭は、旬の特産品などの販売や地域団体による郷土芸能の披露、文化作品の披露など、

さまざまな催しが開催されることもあり、長年地元に愛されているイベントです。

 えびの音頭と田の神さあ音頭の軽快なリズムに合わせて会場を練り歩く「田の神さあおどり大会」も行われ、会場を明るい空気で包みました。

セキュリティロードは、小林営業所より警備員を出させていただきました。イベントを安全に楽しんでいただくため、

早朝から会場や周辺の駐車場警備を行いスムーズな誘導を心がけましたがご不便はなかったでしょうか?

今後も警備のお仕事を通して地元に貢献させていただきますので、引き続きよろしくお願いします。