働くうえで大切なもの、それは「認め合うこと」。仕事を通して認められ、評価され、充実感を積み上げていけば、
やがてそれが「自信や生きがい」に繋がります。セキュリティロードでは『プロフェッショナルレポート』という承認アイテムを活用し、
警備スタッフへの当たり前に出来ていることをどんどん評価し広報する活動を行っています。

2019年12月

日南営業所所属 / SER勤務歴1年8カ月 / S・S 隊員

「S・Sノート」に蓄積したデータが指揮監督力の支えです!

( 黒木 )

年末・年始の鵜戸神宮臨時警備にて警備隊長として指揮をとって頂いているのが、宮崎営業所のS隊員です。先日、私と中武所長、SS隊員とで警備打合せを行ったのですが、毎年経験されていることもありS隊員の警備に対する用意周到、万全を期した準備体制に驚かされました。特に感心させられたのが、警備配置、時間、気づいた点、反省、注意点など事細かに記載した「S・S隊員独自のノート」です。打合せの中でも積極的に「自分の思い」を伝えようとされ、安心して隊長を任せられる存在だと改めて感じました。隊長手当や車両の件を心配されるなどやる気がみなぎっていましたので、今年も無事故で無事に警備を終了させてくれることだろうと思います。ただでさえ何かと揉めごとも多い合同警備。宮崎・日南両隊員の統括を行うことは非常に大変だとは思いますが、温厚かつ隊員一人ひとりの立場に立って物事を判断して頂けるS隊員があってこそ。S隊員の在籍こそがSERの誇りです。

レポート一覧を見る