ENTRY

社員紹介

入社12年目の38歳です。
現在、宮崎営業所所長として警備員約100名をマネジメントしています。
日々変動する現場や、スタッフの配置は難しいですが、日頃のコミュニケーションで難関をクリアしています。青島太平洋マラソンなどの大型イベントでは約150名の配置をしますが、毎年トラブルなく終わることが何よりも嬉しいです。「人を動かすことは一番難しい」それでも、事故なく終わって“ありがとう”の言葉をいただけた時、疲れも一瞬にして吹き飛びます。警備員がいないとイベントも開催できないんです。そのことに周りの方も気付き始めていると感じます。東京五輪も近づいてきて、警備員が社会に必要とされている仕事だと認知度が上がった今、警備業はやりがいを感じる仕事だと思います。

セキュリティロード初の新卒で入社して1年。
現場を飛び回り、新人研修を受け、只々がむしゃらに進んできました。入社当初は電話が怖くて…受話器が取れない時期もありました。敬語の使い方、名刺交換の仕方、何もかも初めてのことをたくさん経験し、たくさん失敗したおかげで今、社会人として少しずつデキルことが増えてきました。4月からは業務管理の経験を活かし、新たな部署、総務・経理部門の仕事をスタートさせています。「会社の業務は全てが繋がっています」だから部署が変わっても流れを理解できれいれば覚えが早いはず。奮闘は続きますが、一つひとつ壁を乗り越える力が強くなってきていると感じています。

入社3年が経ちました。
33歳になって今、改めて思うことは様々な出来事に柔軟に対応できる、『水のような心』を持つことが必要だということです。入社以来、警備業法習得、現場研修、統制業務など日々変化する仕事と向かい合ってきました。最初に警備の基本を学ぶことで、その後の研修も理解しながらスタートすることができました。会社の規模が大きいため、大型イベント警備の依頼も多く様々な業種の方と一緒にイベントを作りあげた業務管理も経験し、現在は要の部署でもある管理本部の総務・経理課係長となりました。メンバーとコミュニケーションを取りながら重責を果たしていきたいと思います。