TOPICS

【2017年04月14日】

熊本地震から1年

震度7を観測した熊本地震から1年。熊本県では、4万7,000人を超える方が仮設住宅での生活を余儀なくされ、震度1以上の余震は、13日までにおよそ4,300回を数えています。

弊社熊本営業所では、震災により避難所や車中泊を経験された方々もおり、被災の大きさに目を覆う事態でした。それでもこの1年、熊本の復興とともに営業所も走り続けました。「街並みはすっかり変わってしまいましたが、おかげ様で従業員約60名は元気に就業中です」と、熊本営業所伊東所長。

震災当時、支援物資を届けるために走った高速道路からは、うねりは消えました。
生活も日常に戻りつつあります。しかしながら、街並みが変わるほどの震災の爪痕は深いです。

余震が続く中の生活は不安が多いと思いますが、弊社は、2017年4月にOPENした八代営業所とともに「地域の安心・安全を守る」活動を今後も続けていきます。

被害に遭われた皆さまに心よりお見舞いを申しあげます。
(写真は2016年11月の熊本城)