TOPICS

【2021年04月26日】

警備保障タイムズにセキュリティロードの「行動計画」が取り上げられました

 セキュリティロードでは、次世代法・女性活躍推進法に基づいた一般事業主行動計画として 

2026年までに役職者に占める女性社員の割合を10%にする行動計画を策定しました。

 現在、社員630人(警備員580人)のうち、女性社員56人(同42人)、役職者は1人にとどまっている。

女性社員の7割余りが子育て世代(30~40代)であることから、仕事と家庭の両立支援を行うことで、

働きやすい環境を整え、キャリアアップに繋がる意識の醸成を育む取り組みをスタート。

 具体的には、目標設定の面談や、学校行事に参加しやすい柔軟な勤務シフト、祝金などライフイベント支援、

3大疾病サポート保険加入など、ソフト面を充実させ社員のフォローアップを行っている。

 ライフイベントで左右されやすい女性独自の問題も、フランクに話せる職場環境を整えることで、企業の風土も変化してきている。