TOPICS

【2021年11月15日】

11月13日(土)「一ツ瀬川花火大会2021」イベント警備を行いました

宮崎市新型コロナウイルス感染症リスク通知システム登録など、 コロナ対策を取りながら、「第30回一ツ瀬川花火大会2021」が宮崎市佐土原町で開催されました。

日本三大花火のひとつ「大曲の花火」が至近距離で楽しめるその迫力と、 夜空に輝く大輪の花火の美しさを安心・安全に楽しんでいただけるよう セキュリティロードの警備スタッフ44名が細心の注意を払い警備をさせていただきました。

2019年は台風、2020年は新型コロナウイルスで中止、ようやく今年開催ということもあり 会場付近は混雑が予想されたため、900台収容の駐車場を完備。 関係者との連携やお客様のご協力で、混雑のないスムーズな誘導を行うことができました。  16:30から5時間余りの警備は、会場が暗くなるため事故の未然防止が重要な課題となります。 そのため、誘導灯や夜光チョッキなどの夜間装備に加え、集中を切らさない警備には天候を読む力も必要です。 警備前の打合せでは「18時から急に冷え込むから防寒大丈夫?」など、スタッフ同士での声掛けも見受けられました。

 新型コロナウイルス罹患者数が減り、収束の兆しが見え始めてはいますが、 この2年余り大型イベントの中止が相次ぎました。 最近になってようやく復活しつつある状況ですので今後も感染症の怖さを忘れずに、 イベントを楽しんでいただけるよう質の高い警備で協力させていただきます。

県北・県央・県西・県南より警備スタッフ44名大集結!