TOPICS

【2019年05月21日】

「女性活躍推進法」に基づく女性の活躍に関する情報公表について

「女性活躍推進法」に基づく女性の活躍に関する情報公表について
令和1年5月20日

 当社における平成31年4月31日現在の労働者に占める女性労働者の割合は、7.3%となっております。
内、事務職を除いた現業職の警備員で見た場合には5.6%となっております。
ちなみに、参考データとしまして「平成29年における警備業の概況」(警察庁生活安全局生活安全企画課)
によりますと、全国平均では5.4%と公表されております。
今後も、女性労働者が活躍できるように職場環境の改善を行ってまいります。

【株式会社セキュリティロード 行動計画】

管理職を目指す役席者を増やし、女性が活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

平成28年4月1日から令和03年3月31日まで(5年間)

2.当社の課題

役職者に女性割合が低い

3.目標

計画期間内に役職者に占める女性割合を20%以上にする。

4.取り組み内容と実施時期

●平成28年4月~個人面談の中で役職者を目指す女性希望者の発掘と動機付け。

●平成28年6月~警備員教育体制を利用した希望者に対するスキルアップやキャリアアップ支援実施。

●平成28年8月~進捗に応じたステップアップ教育と資格取得に向けた教育。

●平成29年4月~これまでの進捗の検証と相互確認。更なる女性役職者としての意識向上動機付け。以後、同様のサイクルでフォローアップ実施。

●平成29年8月~女性従業員、それを取り巻く管理職へのキャリア研修の検討。

●平成30年4月~キャリア研修プログラムの検討。

●平成30年8月~管理職候補人材の掘り起こし。

●平成31年4月~キャリア研修の実施。

●令和01年8月~メンター制度の実施。

●令和02年4月~管理職登用の検討会実施。

●令和02年8月~女性のネットワークの構築と運営方法の検討。

●令和03年3月~交流会の開催。(以降、定期的に開催)

               株式会社セキュリティロード
代表取締役社長 齊藤慎介