代表挨拶

代表取締役社長 齊藤 慎介

代表取締役社長 齊藤 慎介

セキュリティロードが警備業界を変えます! セキュリティロードでは、まず現場で働く人のことを考えました。警備業は、仕事を通して社会貢献できる極めて重要で責任のある仕事です。社会に必要とされている仕事なのに、希望される方が少ない理由は何だろう…誇りを持って、安心して活躍して頂くためにはどうすればいいだろう…出てきた答えは、「警備員一人ひとりの生活を守る!」ことでした。“働く人を大切にすること”これは、会社の使命です。

警備員一人ひとりの生活を守ることが、安心して活躍できる環境を作り、スキルを上げようとする心のゆとりに繋がるのです。警備の質が上がることは、お客さまからの信頼に直結します。信頼あるセキュリティロードの警備が、業界を変える!と確信しています。

当社強み

他の警備会社とはココが違う!
セキュリティロード3つの力

信頼を得るための取り組み

1. 信頼を得るための取り組み

確かな教育と経験を積むこと警備員は、誰でも出来る仕事だと考えていませんか?セキュリティロードの警備員全員が、警備業法に定められた4日間の教育を受けています。犯罪歴や未成年でなければ、警備員になれる資格はありますが、専門の教育を受けて初めて現場に立つことができるのです。さらに現場経験を積みようやく一人前の警備員になっていきます。言葉遣いや気配りなど違いを実感してください。
満足度の高い顧客サービス

2. 満足度の高い顧客サービス

適正な価格を提示させて頂いています。地域で一番感動されるサービスを提供するため、クライアント様には弊社の理念にご理解頂き、適正な単価でのご契約を頂いております。仕事の発注を優先した価格競争は、警備の質を下げてしまいます。警備のプロフェッショナルとして、付加価値の高いサービスやニーズにお応えする柔軟な対応をさせて頂きます。
常に「お客様のため」を思って!

3. 常に「お客様のため」を思って!

万全な準備が成功のカギ!「現場で働く人が安心して働けることが、最終的にクライアント様の利益に繋がる」と考えています。長年の経験と、熱意で、お客様の期待に最大限応えられる警備計画書を作成し、地域で一番感動されるサービスの提供を目指しています。万全な準備が成功のカギ!となることをセキュリティロードは知っています。

警備員の教育・指導体制の強化

セキュリティロードでは、研修プログラムをクリアした警備員で構成し、様々な緊急事態に迅速対応できる質の高いセキュリティサービスをご提供しております。警備業法に基づいた研修と人材育成に力を入れ、これまでに培った信頼を最も大切にしています。

[研修カリキュラムの一例]

緊急時を想定した避難誘導や 応急処置等の訓練教育

警備員としての姿勢や業務遂行上の 基本知識・技能の習得

警備業法、礼式関係法令、規制の方法